東洋医学科(鍼灸)

不妊外来

 不妊の原因が特定された場合は、西洋医学的な治療をお勧めいたしますが、近年原因不明な機能性不妊が激増しております。
 機能性不妊と呼ばれております。一つに結婚年齢の遅延、女性の職場進出に夜、ストレス、過労が大きな原因となっている可能性があります。
 ストレスは排卵を抑制し、過労は着床を阻害し、身体的な過労は妊娠しにくい母体の状態を創りあげます。
この機能性不妊に対する西洋医学的な治療の段階には
・タイミング法
・人工受精
・体外受精
がありますが、母体の状態を整えないと成功率が低下します。鍼灸治療では、生理周期を安定させ低温期、排卵期、高温期に合わせた治療を行いしっかりした二層生の基礎体温にしていきます。
 ホルモン剤の副作用もなくホルモンや自律神経のバランスを整え内臓全体を若がえらる事により、妊娠しやすい若い体に持っていきます。同時に生理不順、生理痛、PMSにもピルでは得られない、根本的な効果が得られます。
西洋医学的不妊治療
・タイミング法
原因はわからないが排卵に問題がある場合、排卵誘発剤を使用。ホルモンの分泌が低ければホルモン剤により調節。排卵日に性交渉を行う。
・人工受精
排卵日に合わせ、男性の精子を採取。子宮頸管に直に注入する。
・体外受精
ART、体外受精や顕微受精。

PAGE TOP