東洋医学科(鍼灸)

逆子外来

 逆子のまま出産を迎えると、胎児の足で子宮口付近を圧迫しやすく破水しやすいリスクやお腹も張りやすくなります。
 新生児仮死や頭蓋内出血のリスクが高くなります。
 逆子の原因は西洋医学的なはっきりしたものが出ておりません。
 東洋医学では母体に原因があり状態を整える事で胎児に正常な指令が伝わり正常な体位に戻す可能性が高いのが鍼灸治療とされております。
 切迫早産の可能性も軽減できるとの研究結果も出ております。
 逆子の治療で使用するツボは三陰交、至陰等、患者様の状態に合わせて施術していきます。
 その他、体の状態を整える各種ツボを併用し、母施術を整え、安産に導きます。帝王切開を決断する前に鍼灸治療をおすすめ致します。尚、妊婦早期からの鍼灸治療はむくみ、つわり、腰痛等を軽減し、早産を防ぎ、妊娠中を快適に過ごすことが出来ます。腰痛等を軽減し、早産を防ぎ、妊娠中を快適に過ごすことが出来ます。
クリニック会員の方
価格 ¥ 3,800(税抜)価格
針治療で逆子が治る確率
8ヶ月で90%
9ヶ月で80%
10ヶ月74%
が目安となります。                           

逆子外来を受けて治ったKさんの声

29週の検診で逆子と分かり、更にへその緒が首に巻いていたので逆子体操やウォーキングを頑張ったのですが治らず焦りはじめた頃、先生の勧めもあり針治療を週2回受けました。
なかなか、治らなかった逆子が34週目の検診で治っていた時は諦めずに早く受けていればよかったと思いました。

PAGE TOP